人気ブログランキング |

レオニダス(PART 1)



 


レオニダス(PART 1)


 



(leonidas2.jpg)



(leonidas3.jpg)



(leonidas4.jpg)



(salon22.jpg)



そう、図書館休みなの


 



(sayuri2.gif)



FROM: sayuri1234@outlook.com
TO: denman 9876@gmail.com
date: Sep 3, 2019, 2:23 AM
日本時間: 9月3日(火曜日) 午後6時23分


 


図書館休みで、たまには自宅で
のんびりと昼寝でもしてください


10月に行田に帰ったら、
「さきたま古墳公園」にでも行きましょう。


またピクニックしましょうね!


 



(sand300.jpg)



(sand301.jpg)



(sakitama98.jpg)



(sakitama97b.jpg)



(sakitama99.jpg)



最近、日本の公園では、火を使ってはいけないのです。
だから、バーベキューなど、公園内で してはダメなのですわ。


でもねぇ~、デンマンさんが来るころには関東地方は
素晴らしい秋晴れになってるでしょう。


バーベキューはできないけれど、
サンドイッチやポテトチップで祝杯をあげましょう。


 



(sayuri15.gif)


小百合より


 




(foolw.gif)


件名: 久しぶりの休日を


本を読んですごしました!


きゃははははは。。。



FROM: denman 9876@gmail.com
TO: sayuri1234@outlook.com
date: Sep 3, 2019, 11:52 AM
日本時間: 2019年9月4日 (水曜日) 午前3時52分


 


はい、はい、はい。。。


9月2日、月曜日はLabour Day(勤労感謝の日)で休みでした!


祝祭日はバンクーバー市立図書館も休みです!


 



(library9.jpg)


 


うれしい!


そういうわけで、昨日はスタンレー公園の第2ビーチで


海風に吹かれながら本を2冊読んで過ごしました!


 



(2ndbeach2.jpg)



 


小百合さんと一緒に並んで本が読めたら、


きっとルンルン気分いなれたと思います!


きゃははははは・・・


 



(meiga01.jpg)



(kowaie01.jpg)


 


なかなか面白く、興味深い本でした!


この2冊の本を読んで、また記事を書く題材が見つかりました!


 


太平洋を見ながら、心地よい海風を肌に受けて


幸せな気分を感じながら読書に癒されたのでした!


きゃはははははは。。。


 


では、久しぶりに格調高く、


感動のピアノ協奏曲を聴いてね。


 



(tsuji02.jpg)



 


じゃあ、今日もルンルン気分で過ごしてねぇ~。。。


 



(laughx.gif)



(denman01.gif)




(sayuri55.gif)


デンマンさん。。。 「この2冊の本を読んで、また記事を書く題材が見つかりました!」 と書いてありましたけれど、その題材が レオニダス なのですかァ~?



(kato3.gif)


そうです。。。 いけませんか?


別にかまいませんけれど、レオニダス というのはカナダの料理ですかァ~?


やだなああああァ~。。。 冒頭の写真を見れば、古代ギリシアのスパルタの王の名前だということが すぐに分かるでしょう!


ちょっとばかり、冗談を言ったまでですわァ~。。。 うふふふふふふ。。。


そういう下手な冗談は言わないでくださいねぇ~。。。


。。。で、どういうわけでスパルタの王を取りあげたのですか?


本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。




(leonidas6.jpg)


『拡大する』


作品14 ダヴィッド作


『テルモピュライのレオニダス』


 


紀元前5世紀のペルシャ戦争は、ヘロドトスの名著『歴史』ぼおかげもあり、まるで講談のような面白さで今に語り継がれている。
断続的、且つ長期にわたったギリシャVSペルシャのこの戦争のうち、とりわけテルモピュライにおける激戦は名高く、近年もハリウッド映画『300(スリーハンドレッド)』(ザック・スナイダー監督、2007年公開)がヒットしたので御存じの方も多かろう。


クセルクセス王率いるペルシャの軍勢百万を相手に、迎え撃つギリシャ側のスパルタ王レオニダス側はわずか300人。
どう考えても勝ち目のない戦に、なぜレオニダスが挑んだかといえば、それは神託ゆえだった。


ペルシャ軍がギリシャに侵攻してきたとき、デルポイの神託はこう下った、スパルタ王が斃(たお)れるかギリシャが滅ぶか、どちらかだと。
後者を選ぶわけにはいかない。(略)


戦場を岩だらけの狭隘(きょうあい)な峠テルモピュライに定める。
圧倒的多数のペルシャ軍に対抗するためだ。


入り口が狭ければ侵入者の数は限られる。
幾度も敗走すると見せかけてはおびき寄せて戦い、楽勝ムードでいた敵をさんざんに悩ませた。
結果的にペルシャ兵を2万人倒したという。


しかし3日目、ついにテルモピュライの隘路(あいろ)にも抜け道があることをペルシャ側に知られ、両側から挟み撃ちにされてしまう。
絶体絶命。
それでもなおスパルタ軍の士気は衰えず、槍が折れれば長剣で、長剣の刃がこぼれれば短剣で、短剣を失えば素手で、素手の自由を奪われれば歯で噛みついてまでも戦い抜き、300人全員、玉砕した。


この犠牲はギリシャ連合軍を鼓舞し、一ヵ月後のサラミス海戦大勝利へとつながる。
人々はレオニダスとその勇者たちを讃えて墓碑銘にこう記した、「旅人よ、スパルタ人に伝えてよ。命じられたことを果たし、我らここに眠れりと」。


古代史に材をとることの多いダヴィッドが、このエピソードを絵画化したのも不思議はない。
彼の作品の中では『ナポレオンの戴冠式』に次ぐ大作で、完成に12年もかかった。 (略)


本作の評判は、発表当時も今も決して芳しいものではない。
確かに画面は混乱気味だし、レオニダスの眼が祈るように上を見ているのも、いささか絵の魅力を損ねているように思う。
だが非難の的たる「裸体が多すぎる」に関しては、必ずしも真実ではなかろう。


崇高な歴史的な場面にはヌードが一番と、他ならぬアカデミーが奨励しているのだし、古代戦争画に裸体群像は少なくない。(略)


髭の男が花冠の少年の胸元をまさぐっている。
少年も彼の肩にそっと腕をまわす。(略)
これほど妖しい雰囲気の二人について、「別れを惜しむ父と息子」などと解説する美術評論家は、いったい何を見ているのか。(略)


こうしたなまなましさが顰蹙(ひんしゅく)を買ったのだ。
もちろんこれがダヴィッドの趣味だからというものではなく、古代ギリシャ史に依拠した描写であり、また同性愛をタブーとしたのはキリスト教だということも知っての上だ。
知ってなお、あまりに露な男性同士のエロスの表現は不謹慎だと、ダヴィッドの同時代人はーーーおそらく現代人の多くもーーー感じたがゆえに、本作の不人気につながっているのだろう。


 


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)





(kowaie01.jpg)


 


144-148ページ 『新 怖い絵』
著者: 中野京子
2016年11月25日 第5版発行
発行所: 株式会社 KADOKAWA 



この上の絵『テルモピュライのレオニダス』がデンマンさんにとって衝撃的なのですか?



いや。。。 衝撃というよりも 12年かけて制作したにしては お粗末だと思ったのですよ!


あらっ。。。 かなり手ひどい批評ですわねぇ~。。。 この絵が素晴らしいと思っている人は、そのデンマンさんの言葉にムカつくと思いますわ。。。


かまいませんよ。。。 この絵をどのように鑑賞するかは、人それぞれですからねぇ~。。。


でも。。。、でも。。。、どうしてこの絵が お粗末なのですかァ~?


あのねぇ~、上の本にもハリウッド映画『300(スリーハンドレッド)』(ザック・スナイダー監督、2007年公開)がヒットしたので御存じの方も多かろうと書いてあるけれど、僕もこの映画を観ていたのですよ!


 



(lib90904a.png)



『拡大する』


『実際のページ』



(three01.jpg)





デンマンのコメント


 


June 22, 2012


I love this fast-paced, action-packed movie---especially, combined action scenes of slow-motion and fast-forward movement.


These fighting scenes are so impressive and shocking that this technique might have influenced in making the violent scenes of "Spartacus, blood and sand"---a dazzling and fascinating television program in 2010.




このテンポの速いアクション満載の映画にハマりました。


特に、スローモーションと早送りのアクションシーンの組み合わせが すごいです!


これらの戦闘シーンはマジで印象的で衝撃的です。


この手法は『スパルタクス、血と砂』(2010年のすごく魅力的なテレビ番組)の暴力シーンの作成に影響を与えた可能性が強い。




あらっ。。。 7年前の2012年6月に観てコメントを書き込んだのですわねぇ~。。。



そうです。。。 コメントにも書いたけれど、テンポが速く、アクション満載なのですよ。。。 しかも、スローモーションと早送りのアクションシーンの組み合わせが すごい!


上の予告編を見ただけでも、そのすごさが感じられますか?


いや。。。 予告編には、そのすごさがまったく出てない! やっぱり、全編を観ないと、そのすごさが分からないですよ。。。 要するに、上の絵を見ると、全く統制が取れてなくて、兵士が好き勝手な行動をしている。。。 ちょっと見ただけでも、これから戦うという気力も迫力も感じられない。。。 


映画にはあまりに露な男性同士のエロスの表現も出てくるのですか?


いや。。。 僕が観た限り、そういう行為は全く出てこなかった。。。 上の絵には、なんとなく女性的な弱々しさ、兵士のわがままな振る舞い、戦争を前にした不安と混乱。。。 そういうものしか感じられない! 戦う前から負ける事が分かっているような印象を与える。。。 小百合さんにも、そう見えませんか?


そうですわねぇ~。。。 戦争とはかけ離れた雅(みやび)やかなものを感じますわァ~。。。


。。。でしょう!? おそらく、上の絵を描いたダヴィッドは血なまぐさい戦争を見たことがないのだと思いますよ。。。 だいたい、男ばかりのはずなのに、裸の女がいるように見えるのですよ。。。 映画を見た後で、上の絵を見ると、馬鹿バカしくなりますよ。。。


つまり、この事が言いたかったのですか?


そうです。。。 いけませんか?



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


by denman1720 | 2019-09-11 03:03 | アクセス解析四方山話 | Comments(0)

徒然に綴る面白いブログ


by denman1720