人気ブログランキング |

平安の愛と性 (PART 1)


 


平安の愛と性 (PART 1)


 





(lotus68b.jpg)




(leo306.gif)




(bond350.gif)




(valent6.gif)



(lilies9.jpg+heartx.gif+spacer.png)




(manila05b.jpg)


デンマンさん。。。、平安の愛と性に年甲斐もなく ハマったのですかァ~?



(kato3.gif)


。。。ん? レンゲさんは、僕が平安の愛と性に年甲斐もなく 狂いまくったと思うのですか?


だってぇ~、平安時代の愛と性に拘(こだわ)りがあるので、タイトルを平安の愛と性としたのでしょう!?


あのねぇ~、僕が平安の愛と性に年甲斐もなく 狂いまくったら、この記事を読むネット市民の皆様がウンザリして 他のブログへ飛んでしまいますよ。。。


じゃあ、どなたが平安の愛と性に拘っているのですか?


ちょっと次のリストを見てください。。。


 



(liv90425a.png)



『拡大する』


『愛と性の悦び』


 



これは ライブドアの僕の『徒然ブログ』の4月24日の午後3時48分から25日の午前3時までの約11時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。



あらっ。。。 8月24日の午後4時16分に デンマンさんの「徒然ブログ」に掲載されている『愛と性の悦び』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。


そういうことです。。。 


 



(liv71013e.png)



『拡大する』


『愛と性の悦び』


 



この記事は、こうしてレンゲさんが登場するのですよ。。。



。。。で、どなたが読んだのですか?


京都市上京区に住んでいる中鉢羽弥香 (ちゅうばち はやか)さんが読んだのですよ。。。


また、IPアドレスを調べて羽弥香さんが読んだことを突き止めたのですか?


そうです。。。


 



(ip23592b.png)


 



あらっ。。。 上の写真の女性が中鉢羽弥香さんですか?



そうです。。。


。。。で、羽弥香さんは京都市で何をされているのですか?


あのねぇ~、卑弥子さんが教えている京都女子大で国文学を専攻しているのですよ。。。


 



(kyojo02.jpg)



(kyojo01.jpg)



 



あらっ。。。 卑弥子さんに教わっているのですか?



そういうことです。。。


。。。で、どういうわけで羽弥香さんは『愛と性の悦び』を読んだのですか?


卑弥子さんが「平安時代の文学に見える愛と性についてレポートを書きなさい」という宿題を出したのです。。。


羽弥香さんが読んだ記事の中に「平安時代の文学に見える愛と性」が出てくるのですか?


次の箇所に出てくるのですよ。。。 




(manila93.gif)



後朝(きぬぎぬ)の文


 




(bond010.gif)


 


斎宮(いつきのみや)は親元から、
くれぐれも丁重に
おもてなしをしなさい、
と言われていたものだから、
在原業平(ありわらのなりひら)を
心を込めてもてなしました。


朝には狩の支度を手伝って
業平を送り出し、
夕方戻ってくると、
斎宮はひとつ屋根の下の
“離れ”に彼を迎え入れたのです。


業平は初めて彼女の姿を
目にした時から逢いたいと
思っていたので
二日目の夜、
斎宮に密かに言ったのです。
「お逢いしたい」と。。。


斎宮も逢いたくない
と言えば嘘になる。
でも、とにかく人目が多く
思うに任せない。


業平は正使なので、
“離れ”と言っても、
斎宮の寝所の近くに
床をとっていました。


神に仕える女の身の上を思えば
逢うことなど絶望的でした。
業平はあきらめかけていました。
でも、なかなか寝付かれない。


ふと外に目をやると、
真夜中の朧(おぼろ)な
月明かりのなか、
童女を先に立てて人が立っている。
皆が寝静まるのを待って
やってきた斎宮でした。
業平は信じられないと思いつつも、
丁重に自分の寝所に
女を導いたのです。


それは、長いようで短い、
短いようで長い密会でした。
でも、じっと二人の様子を
見ていた者が居たなら、
およそ2時間ほど二人は
一緒に居たかもしれません。


斎宮は後ろ髪を引かれる
思いがありましたが、
それ以上一緒に居ることは
出来ないと思い帰ってゆきました。
業平にしてみれば、
もっと女を引き止めておきたかった。
まだ満足に語り合ってもいない。
業平は切なさに
一睡もできませんでした。


翌朝、業平の女に対する思いは
募るばかりです。
でも業平の方から
後朝(きぬぎぬ)の文を送るのは
常識はずれというもの。
向こうから何か言ってこないかと
業平が待ち焦がれていると、
空も明るくなってから
歌が届けられました。



君やこし


我や行きけむ


おもほえず


夢か現(うつつ)か


寝てかさめてか


 



【現代語訳】


あなたが来たのか
私が行ったのか、
夢か現実か寝ていたのか
覚めてたのか
私には何も分からないのです。


業平は女の心の迷いを
感じながらも、
互いに衣を重ねて
共寝した密やかな睦事を
女が夢心地で
受け止めているのを感じて
涙が出るほど
ジーンときたのでした。


業平はさっそく
自分の思いを歌に詠んで
女の元に送り届けたのでした。



かきくらす


心の闇に


まどひにき


夢うつつとは


こよひ定めよ


 



【現代語訳】


心乱れて私も
よくわからなかった。
夢か現実かは
今夜ご確認なさっては
いかがでしょうか。


業平は、このように
「今夜も逢いたい」と詠み送って、
狩りに出たのでした。
野に出てからも
業平は上の空です。
「今夜こそは
早く皆をやすませて逢おう」
などと思っているのでした。


そこへ、狩の使(業平)が
来ていることを
聞きつけた伊勢守が、
饗応を申し出たのです。


翌朝になれば業平は
伊勢を発たねばなりません。
今夜は何が何でも
斎宮と逢いたい。
でも、伊勢守は
斎宮寮頭という役職も
兼ねているので断りきれない。
結局、業平は斎宮に逢えぬ
辛さを隠したまま、
伊勢守らと酒を酌み
交わすのでした。


夜もしらじら明けそめた頃、
斎宮方から業平のもとへ
盃が差し出されました。
見れば、上の句のみの歌が
書き添えてありました。



かち人の


渡れど濡れぬ


えにしあれば


 



【現代語訳】


渡っても濡れもしない
浅い江のようなご縁でしたわね。


男は、続き(下の句)を
松明の燃え残りの炭で
書き付けました。



また逢坂の


関は越えなん


 



【現代語訳】


でも、いつか必ずや
お逢いできましょう。


そのような思いを伝え、
その朝、業平は尾張国へ
旅立っていったのでした。




参考書: 『伊勢物語』(講談社文庫)




(cherry03.jpg+heartx.gif)



羽弥香さんは、このお話を基にしてレポートを書いたのですか?



そうです。。。


どのように。。。?


だから、当然 レンゲさんのエピソードも参考にして、現代と平安時代を比較したわけです。。。。


私のエピソードですか?


そうです。。。次のエピソードですよ。。。



禁断の園でレンゲさんが


坂田さんと秘め事をして知った悦び



(renge15.jpg)


 


レンゲさんにも16才の頃は、こうして可憐な乙女だったんですよね。


まだ高校1年生の女学生だった頃、レンゲさんは、初めて秘め事を経験した。


愛のない家庭で育ったレンゲさんは、心のよりどころがなくて、当時近所に住んでいた坂田さん夫婦の家に時々遊びに行っていた。


坂田さんも、レンゲさんの家庭の事情を良く知っていて、何かとレンゲさんのことを思いやり可愛がっていた。レンゲさんは、いつしか坂田さんに淡い恋を感じるようになっていた。


坂田さんは良い人だけれど、競馬競輪にハマッていて、そのことで妻の幸子さんと別居するようになった。レンゲさんは、そんなある晩、幼な妻のように坂田さんのために夕ご飯を作ってあげた。坂田さんにも何か感じるものがあったのかも知れませんよね。その晩、レンゲさんは坂田さんの腕に抱かれてハラハラ。。。、ワクワク。。。ドキドキしながら桜の花びらを散らした。。。




『愛と性の悦び』より



あたしが坂田さんに抱かれた事が常識破りだとおっしゃるのですか?



いや。。。  時代を越えた真実は今も昔も変わりがないということを羽弥香さんは強調して書いたのです。。。


その時代を越えた真実ってぇ~。。。?


だから、男と女の愛情ですよ。。。 レンゲさんは働いていたわけじゃない。。。 当時、レンゲさんは女学生でしたから。。。 でもねぇ~、学校に行く事がレンゲさんの、云わばお勤めだったわけですよねぇ~。。。


それで。。。?


業平が斎宮と密通した事は、当時の貴族社会でも非常に重大な衝撃を与えたらしい。


どうしてですか?


どうしてって。。。レンゲさんだって分かっているでしょう? 当時、伊勢の斎宮と性関係を結ぶことはご法度(はっと)だった。。。 見つかったら、その職を解かれてしまう。。。 古典のエピソードでは、そこまでの事は書かれていません。。。でもねぇ~、後の世になって、この話が実際に持ち出されている。



禁忌の愛



(bond350.gif)


 


このふたり(在原業平と斎宮であった恬子【やすこ】内親王)の間に禁忌を犯した契りがあり、それによって男の子が生まれたという伝承があった。


それが事実であったのかどうか確証はないが、
この伝承は秘されて生まれた子・高階師尚(たかしなのもろなお)を祖先に持つと言われている高階家に語り継がれていた。


そしてこの時代よりもずっと後、藤原道長の時代に公けの場で語られるのである。
一条天皇が三条天皇に譲位する際に、
その皇太子を一条の皇子の誰にするかという問題が起こった時のことである。


故皇后・定子腹の第1皇子・敦康親王(あつやすしんのう)を退け、
中宮(ちゅうぐう)・彰子(時の権力者・藤原道長の娘)の皇子・敦成親王(あつひらしんのう)を推す理由を、藤原行成(ふじわらのゆきなり)が帝に奏した言葉の中に現れているのである。



立太子の儀は人間の意志ではなく伊勢の皇大神の意によって決められるのであるが、敦康親王の母・定子は藤原道長の実兄・道隆と高階貴子の間の娘である。


高階家はかつて斎宮のことがあり、伊勢の皇大神の不興を買っており、故に皇太子にはふさわしくない。


このように藤原行成は奏上した。




『愛と性の悦び』より



この事を見ても、この物語が当時の貴族社会に与えた衝撃がよく分かりますよね。。。 レンゲさんにも分かるでしょう?



それが。。。 それが。。。 あたしと、一体どのように関係しているとおっしゃるのですか?


だからぁ~、レンゲさんの場合には、上のエピソードを借りるならば、斎宮というお勤めをほっぽりだして伊勢から脱け出してしまった。。。 在原業平の後を追って尾張国へ行き、そこで業平と一緒に暮らし始めたようなものですよ。。。 伊勢で業平と抱き合っただけでも重大な罪を犯したことになるのに、まるで駆け落ちするかのように、お勤めをほっぽりだして業平の後を追って尾張の国まで行き同棲を始める。。。 これは、もう重大事件ですよ。


あたしが。。。あたしが。。。坂田さんと同じような事をしでかした、とデンマンさんはおっしゃるのですか?


いや。。。 羽弥香さんが、そう思ったのですよ。。。 女学生として学校に行くのが16才のレンゲさんのお勤めだった。。。 それなのに、学校へ行くと言って家を出て、坂田さんの家へ行き愛し合っている。。。 これでは問題にならない方が可笑しい、と羽弥香さんも思ったわけです。。。


つまり、上のお話の斎宮も、私のエピソードも、どちらも常識破りの恋愛事件だったと言うのですか?


だから、羽弥香さんは、そのようにレポートに書いたというのですよ。。。 要するに、時代を越えた真実は今も昔も変わりがないということを羽弥香さんは学んだというわけです。。。


それは、デンマンさんが勝手に想像したのでしょう?


やだなあああァ~。。。 最近 レンゲさんはブログを全く更新してないので、羽弥香さんは僕にメールをよこして、レポートのことを伝えてくれたのですよ。。。


信じられませんわ。。。 


あのねぇ~、昔の人は“人の振り見て我が振り直せ”と言ったけれど、実は 羽弥香さんもレンゲさんと同じような経験をしているのです。。。 違いは、羽弥香さんは10代ではなく 20代で相手の妻子ある男性に恋してしまったというのですよ。。。 でも、古典のエピソードとレンゲさんのエピソードを読んで、自分の姿が客観的に見えてきたそうです。。。


つまり、あたしを反面教師にして、羽弥香さんは清く正しく生きてゆこうと決めたのですか?


いや。。。 別に、「清く正しく」とは書いてなかったけれど、とても参考になりましたと書いてありました。。。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


by denman1720 | 2019-04-29 03:56 | アクセス解析四方山話 | Comments(0)

徒然に綴る面白いブログ


by denman1720