人気ブログランキング |

コロッケパン (PART 1)


 


コロッケパン (PART 1)


 



(korokke1.jpg)



(mayumi55.jpg)




デンマンさん。。。、どういうわけでコロッケパンというタイトルにしたのですか?



(kato3.gif)


あのねぇ~、たまたまバンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。




(kongari2.jpg)


 


わたしは東京都江東区に住んでいる。
同じ区に暮らす中央公論新社の編集者ミウラ女史に、そのパン屋さんを教わった。
「なにを食べても、懐かしい味です。 コロッケパンは、1個で十分にお昼ごはんです」


ミウラ女史の食の感性を、わたしは信頼している。
教わった翌日、カミさんと連れ立って南砂の『パン工房 中村屋』をおとずれた。(略)


 



(nakamu2.jpg)


 


真っ先に手に取ったのが、焼きそばがたっぷり詰まったコロッケパンである。


なんとこの店では、キャベツの変わりに焼きそばが敷かれていた。(略)
下敷きになった焼きそばの量が半端ではない。(略)


 



(korokke8.jpg)


 


昭和懐古の声が、近頃かまびすしい。
おのれの身の丈を忘れつつあるがゆえに、ひと肌のぬくもりが残る昭和を思うのか。


されど中村屋は、いまを生きるパン屋だ。
この店のパンを口にすると、おのれの身の丈相応に生きる心地よさを味わえる。


(著者: 山本一力)


 


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




71-73ページ 『こんがり、パン』
編者: 杉田淳子 武藤正人
2016年5月30日 第1刷発行
発行所: 株式会社 河出書房新社



この部分を読んで僕も急にコロッケパンが懐かしくなったのですよ。。。



でも、コロッケパンというと、普通、冒頭の写真のように細切のキャベツが敷いてあって そこにコロッケが乗ってますよねぇ~。。。


 



(korokke1.jpg)


 



そうです。。。 そうです。。。 でも、これだけだと、ランチに食べるにはちょっと物足りないですよね。。。



やっぱり、焼きそばとコロッケを一緒に食べて満腹感を味わいたのですか?


そういうことです。。。



 

(korokke6.jpg)


 



(plus01.png)


 



(korokke7.jpg)


 



 



(korokke8.jpg)


 



『パン工房 中村屋』のコロッケパンを食べると、普通のコロッケパンと焼きそばパンを2つ食べたような気分になれるでしょう! これならランチとして申し分ないですよ。。。



私は今 ダイエットしているので ごく普通のキャベツが敷いてあるコロッケパンをいただきたいですわァ~。。。


真由美ちゃんもコロッケパンが好物なのですか?


嫌いではありませんけれど、私はクリームパンに目がないのですわァ~。。。


 



(cream10.jpg)



(cream11.jpg)


 



あれっ。。。 このグローブの形をしたクリームパンが真由美ちゃんの好物なのですか?



そうです。。。 これを食べると子供の頃のことが懐かしく思い出されるのですわ。。。




(robapan2.jpg)


 


ロバのパン屋さんが、少しずつ少しずつ、近づいてくるときの、胸のときめきだけは、しゃんしゃんと、音を立てて、いまもよみがえってくる。
パン屋さんは来ても、たいてい何も買わないのだった。


誰か近所の子が、母親に伴われて、その腕にぶら下がりながらパンを買ってもらう。
そのわずかな時間に、たっぷり流れてくるパンのにおいに、はなをふるわせるだけでも、嬉しかった。


ロバパンが来た、ロバパンが来た……と、箱車のまわりをぴょんぴょん、スキップでもしていたいような気分だった。
実際、そんなことをしていた子が多かった。 (略)


パンのなかでも、クリームパンには他のパンにはない何か慫慂(しょうよう)するものがあった。
クリームパン1個は、ジャムパン2個よりも、私には心のわきたつものだった。


あの、グローブのかたちをしたやわらかなものを、まずはじの方から割る。
クリームはない。
もうひとつのはじの方から割る。
同じくクリームはない。
どろりとしたカスタード風のクリームは、いつもまんなかにしかない。


クリームのにおいがまた、淡く甘くしゃれていた。
そのおいしいクリームの蜜は、決してあふれるほど入ってはいなくて、むしろいつもあまりに少なすぎた。


それは、好きになった友だちが、私にかほどの友情も見せないときの、甘い悲しさに似ていた。


 (著者: 増田れい子)


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




118-119ページ 『こんがり、パン』
編者: 杉田淳子 武藤正人
2016年5月30日 第1刷発行
発行所: 株式会社 河出書房新社



思い出しますわ。。。 そうなんです。。。 あの、グローブのかたちをしたやわらかなものを、まずはじの方から割る。 クリームはない。 もうひとつのはじの方から割る。 同じくクリームはない。 どろりとしたカスタード風のクリームは、いつもまんなかにしかないのですわァ~。。。 そうやってクリームを最後に食べると幸福感がオツムに広がるのですわァ~。。。



でも、真由美ちゃんはロバのパン屋さんは見たことがないでしょう!?


私が子供の頃はロバじゃなく、車で売りにやってきましたわ。。。


 



(robapan3.jpg)


 



デンマンさんが子供の頃には ロバが車を引いてパンを売りに来たのですか?



僕が住んでいた行田市の下町地区にはロバのパン屋さんはやって来なかったのですよ。。。 その代わり、カバヤのカバ車がやってきました。


 



(kabaya01.jpg)


 



初代宣伝カー「カバ車」


 


1952年(昭和27年)から7年間、カバの胴体を象った宣伝カー「カバ車(カバしゃ)」を使ったキャンペーンも行うなど、地方に本社を置く製菓会社としては異色の宣伝活動を行った。
この「カバ車」は、排気量1000ccのトヨペットトラックのシャーシを利用した車両で、カバの背中にカバヤキャラメルの箱を載せるというスタイルであった。


車体製作は広島ボディーが担当、設計にあたってはモックアップとして実物大のクレイモデルを作成し、それに合わせて手作業で車体を製作した上で架装したが、製作に半年を要した。
標準的なベース車両の価格が当時約40万円だったのに対して、「カバ車」は1台約125万円であった。
15台が製造されたが、全て手作業による製作だったため、1台1台が微妙に表情が変わっていたという。


完成した車両は、1952年(昭和27年)4月に岡山市立出石小学校の校庭でお披露目を行った上で、日本全国を走行し、話題を提供した。
山道で「カバ車」と対向した馬車馬が動かなくなったり、農作業中の牛が「カバ車」を見て暴れだした、というエピソードが残されている。


しかし、交通規制等の理由により、「カバ車」は昭和30年代に全て廃車となった。
現存する車両はなく、本社にミニチュアモデルが残されただけであった。




出典: 「カバヤ食品」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



あらっ。。。 カバの形をした車が岡山から行田市まで走って行ったのですか?



そうなのですよ。。。 当時、僕は小学生になるかならないかの頃だから、車体が馬鹿(バカ)に大きく見えました。。。 カバというよりも象に見えたほどです。。。 でも、長い鼻がなかったので、カバというのも でかい生き物だと思いましたよ。。。


パンも売ってたのですか?


いや。。。 パンは売ってなかったと思う。。。 クッキーとか、チョコレート、カバヤのキャラメルでした。。。


私も見たかったわ。。。 ロバのパン屋さんといい、カバヤのカバ車といい、デンマンさんの子供の頃にはロマンがあったのですわねぇ~。。。


そうですよ。。。 あのねぇ~、今度、暇があったら、クリームのいっぱい入ったグローブの形のクリームパンを作ってねぇ~。。。


はい。。。 私も久しぶりに子供の頃を思いだしながら作ってみようと思います。。。


 



(cream12.jpg)


 



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


by denman1720 | 2019-04-09 02:56 | グルメ紀行 | Comments(0)

徒然に綴る面白いブログ


by denman1720