人気ブログランキング |

ヴィクトリア女王とアブドゥル (PART 1)



 


ヴィクトリア女王とアブドゥル (PART 1)


 



(vic004.jpg)



(vic001.jpg)



(salon22.jpg)




(sayuri55.gif)


デンマンさんは、どういうわけで ヴィクトリア女王とアブドゥル というタイトルにしたのですか?



(kato3.gif)


小百合さんは覚えてないのですか。。。


何をですか?


小百合さんはエアカナダの飛行機で成田からバンクーバーにやって来たのですよ。。。


そうですわ。。。


先日、バンクーバーのチャイナタウンで3時のオヤツの時間に小百合さんとジャスミンティーを飲みながら話しをしましたよねぇ~。。。


 



(chinatwn.png)


『拡大する』




(newtown2.jpg)



(newtown3.jpg)



(newtown9.jpg)


『この店の紹介と評判』



(springroll.jpg)



(turnover2.jpg)



(jasmint.jpg)



(newtown5.jpg)


『チャイナタウンとオペラの話』


 



ジャスミンティーと関係あるのですか?



いや。。。 ジャスミンティ-とは直接関係ないのですよ。。。 チャイナタウンの「新城餅家餐室(New Town Bakery & Restaurant)」でジャスミンティ-を飲みながら話をしている時に、エアカナダの飛行機の中で観た映画の話になった。。。


ええ。。。 確かに映画の話になりましたわ。。。


その話をするうちに、前回、2018年の2月に小百合さんがやって来たときにエアカナダの飛行機の中で観た映画の話になった。。。 そのことについて、かつて小百合さんは次のようなメールを書いたのです。。。




(sayuri5.gif)



件名:


帰りの飛行機では


3本 洋画を見ました。


♪┌(・。・)┘♪



(flick01b.jpg)


日付: Mar 15, 2018, 10:17 PM
差出人: "sayuri1234@yahoo.co.jp"
宛先: "denman9876@gmail.com"


バンクーバーに行く飛行機の中では
“Zookeeper's Wife”というタイトルの映画だけしか見ることができませんでした。



(zookeep7.jpg)


パイロットが飛ばしすぎて7時間半でバンクーバーに着いてしまったのです。


帰りはジェット気流に逆らって飛ぶので
成田まで9時間半ほどかかりました。


なので、帰りは 映画を3本 観ることができました。


一つ タイトルを忘れたけど、このタイトルを忘れたやつを
もう一度観たい。


エアカナダで調べたけれど、見つけることができませんでした。
見つけ方が悪かったのかな?



(novit05b.jpg)


教会? あるいは修道院の中の映画で
一人エッチがでてきて 隣の人が見るかと思うと
ゆっくり 観てられませんでした?


あとで考えると、ばかばかしいと思いましたが、
その時は、かなりビビリました。
ヤバイ!と思って、他の映画を開いたのでした。


「VICTORIA and ABDUL」
これは フランスとインドの話 昔の場面でよかった。



 


「Like Our Parents」
これは子供と親の話。


子供って 親のように 似た癖や生き方にながれていくのかな?



タイトルが合ってるか わからないけど。。。


ところで、全部観ることができなかった教会 か修道院の 映画。
あとで 時間のあるときに調べてみてね。


女の子の一人エッチがでてくるので、
デンマンさんならば夢中になってネットで調べて
絶対にタイトルを突き止めることができると思います。
うふふふふ。。。


では。。。


 


小百合より



(sayuri15.gif)




『タリアセン夫人と洋画』より
(2018年3月24日)



デンマンさんは、すぐにこうして私信をネットで公開してしまうのですわァ~。。。 プライバシーの侵害ですゥ。。。



小百合さん。。。 そういう堅苦しいことを言わないでくださいよう! 小百合さんの身元が判らないように、充分に偽装工作がなされているのだから。。。


でも。。。、でも。。。、ネットやコンピューターに詳しい人ならば、すぐに私の身元など突き止めてしまうのですわァ~。。。


大丈夫ですよ! ウィキリークスの広報人、編集長として有名なジュリアン・アサンジも、小百合さんの身元を突き止めようとして、突き止められなかったのだから。。。


 



(assang01.jpg)



 



マジで アサンジさんは 私の身元が突き止められなかったのですか?



そんな事よりも、映画の話ですよ。。。


そうでしたわァ。。。 うふふふふふふ。。。 つまり、私がメールの中で "VICTORIA and ABDUL" を観たと書いたので、今日のタイトルをヴィクトリア女王とアブドゥルとしたのですか?


そうですよ。。。 日本語版では『ヴィクトリア女王 最期の秘密』というタイトルになってます。


 



(vic003.jpg)



 



。。。で、どういうわけでこの映画を取り上げる気になったのですか?



理由は2つあるのですよ。。。 その一つは小百合さんが間違って「これは フランスとインドの話 昔の場面でよかった」と書いていたのですよ。。。


つまり、私の間違いを指摘して恥をかかせるために、ヴィクトリア女王とアブドゥル を持ち出してきたのですか?


やだなあああァ~。。。 小百合さんに恥をかかせるためじゃありませんよ。。。 あのねぇ~、人間は神様じゃないのだから、誰でも、うっかりして間違うことはあるのですよ。。。 ヴィクトリア女王がフランスの女王だった思う人はいませんよう。。。 たぶん、小学生でもヴィクトリア女王がイギリスの女王だったと知っていると思うのですよ。。。


。。。で、第2の理由は何なのですか?


あのねぇ~、小百合さんが観て「これは イギリスとインドの話 昔の場面でよかった」と書いたから、僕もバンクーバー市立図書館でDVDを借りて観たのですよ。。。


マジで。。。?


その証拠をここに見せますよ。。。


 



(lib90305a.png)



『拡大する』


『実際のページ』


 



あらっ。。。 2018年9月13日に観て、コメントを書き込んだのですわねぇ~。。。



そうです。。。 そのコメントを訳したので読んでみてください。。。




デンマンのコメント


 


Directed by Stephen Frears in 2017 based on the book of same name by Shrabani Basu, this British docudrama dipicts the unusual friendship between Queen Victoria and her Indian Muslim servant Abdul Karim.


Abdul Karim (1863 – April 1909), known as "the Munshi", served the queen during the final fifteen years of her reign, gaining her maternal affection over that time.


The close platonic relationship between Karim and the Queen led to friction within the Royal Household, the other members of which felt themselves to be superior to him.


The Queen insisted on taking Karim with her on her travels, which caused arguments between her and her other attendants.


It is an unbelievably hilarious, extraordinarily amusing and profoundly engaging drama you wouldn't want to miss.




シャラバニ・バスによる同名の本に基づいて、2017年にスティーヴン・フリアーズが監督したこのイギリスのドキュドラマは、ヴィクトリア女王とイスラム教徒の従僕であるインド人アブドゥル・カリムとの異例の友情を描いている。


"ムンシ(師、を意味する)"としても知られるアブドゥル・カリム(1863年-1909年4月)は、ヴィクトリア朝の最後の15年間、女王に仕え、その間、女王とは息子のように親しい関係だった。


しかし、カリムと女王の密接な間柄は、王室内に波紋を広げた。


なぜなら他の侍従や従僕は誰もがカリムよりも優れていると思い、女王のカリムに対する特別扱いを妬(ねた)んだためだ。


女王は旅行にはカリムを一緒に連れて行くことを主張した。


そのことは、侍従や従僕の間に更に議論を引き起こした。


信じられないほど滑稽でもあり、異常とも言えるほど面白く、心に深く残る魅力的なドラマで、見逃したくない映画です。



なるほどォ~。。。 デンマンさんにとって信じられないほど滑稽でもあり、異常とも言えるほど面白く、心に深く残る魅力的なドラマだったのですか?



そうです。。。 小百合さんもよかったと書いていたけれど、実際、見るだけの価値のある映画でした。。。


。。。で、デンマンさんはアブドゥルをどう思いましたァ?



アブドゥル・カリム


(1863 – April 1909)



(vic001.jpg)


 


アブドゥル・カリムは「ムンシ(師、を意味する)」としても知られるヴィクトリア女王に仕えるインド人である。
彼はヴィクトリア治世の最後の14年間、彼女に仕え、その間ヴィクトリア女王から息子のように信頼され慕われた。


カリムはイギリスのインドのジャーンシー近くの病院助手の息子として生まれた。
ヴィクトリアのゴールデンジュビリーの年である1887年に、カリムは女王の従僕になるために選ばれた2人のインド人のうちの1人でした。
ヴィクトリアは彼を気に入り、彼に「ムンシ」の称号を与えた。
さらに彼を秘書に任命し、彼のためにインドに土地を与えるほど厚遇した。


カリムと女王の密接なプラトニックな関係は王室内では大きな問題となりました。
なぜなら、誰もがカリムよりは優れていると感じ、厚遇を受けるのは自分だと信じていたからです。
女王は旅行にはカリムを一緒に連れて行くことを主張したので、この件についても他の侍従や従僕たちの間に議論を引き起こした。


 



(edward7.jpg)


 


1901年のヴィクトリアの死後、彼女の後継者であるエドワード7世は、カリムをインドに戻し、ヴィクトリアと交わした手紙類を没収し破棄した。


カリムはその後、46歳で亡くなるまで、ヴィクトリアが彼のために手配していたアグラの近くの地所で静かに暮らした。




出典: 「Abdul Karim (the Munshi)」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 



アブドゥルは誠実で真面目で、その上ユーモアのある人ですよ。。。



それなのに、エドワード7世は、どうしてあれほどアブドゥルを嫌って憎んだのですか?


それは当然ですよ。。。 エドワード7世は若い頃、遊び人で、母親であるヴィクトリア女王の顰蹙(ひんしゅく)を買っていた。。。 その当時、39年前に治世最初の首相だったメルバーン子爵を、26年前に最愛の夫アルバート王配を、3年前に寵臣ジョン・ブラウンを、と信愛を寄せた男性たちを次々に喪い、ヴィクトリア女王は落ち込んでいたのですよ。。。 だから、遊び人の馬鹿息子のエドワード7世は彼女にとって、目の上のタンコブだった。。。 そのような時に誠実で真面目で、その上ユーモアのあるアブドゥルが現れたのですよ。。。 当然、彼女の母性本能が再びよみがえって、アブドゥルを贔屓(ひいき)にした。


つまり、 エドワード7世はアブドゥルに対して嫉妬したのですか?


嫉妬と言うよりも、エドワード7世はムカついたでしょうねぇ~。。。 なぜなら、息子の自分よりもアブドゥルを実の息子のように厚遇していた。。。 だから、母親が亡くなったら、エドワードはアブドゥルを追い出し、ヴィクトリアと交わした手紙類を没収し破棄したのですよ。。。 アブドゥルが悪いんじゃない! エドワード7世の身から出たさびですよ。。。 もう少し母親孝行をしておけば、ヴィクトリア女王もエドワードをないがしろにはしなかったのですよ。。。


そうでしょうか?


とにかく、権力を持っている人間が ある一人の人間を気に入って、贔屓にするのは絶対によくないのですよ。。。 例えば、唐の玄宗皇帝が楊貴妃をあまりにも可愛がり過ぎたので、部下が頭に来て皇帝に反抗して、結局、楊貴妃を殺させた。。。 


 



(youkihi02.jpg)



 



アブドゥルは殺されなかっただけ、まだいいほうですよ。。。



いくらなんでもエドワード7世は、そこまではしないでしょう!


ちなみに、小百合さんも3人の子供たちは平等に可愛がらないといけませんよ。。。 そうじゃないと、子供の間に波風が立ちますから。。。


つまり、この事を言うために、長々とヴィクトリア女王とアブドゥルを持ち出してきたのですか?


そうです。。。 小百合さんの幸せのためです。。。 (微笑)



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


by denman1720 | 2019-03-09 04:13 | 歴史四方山話 | Comments(0)

徒然に綴る面白いブログ


by denman1720