人気ブログランキング |

軽井沢夫人@雲場池 (PART 1)


 


軽井沢夫人@雲場池 (PART 1)


 



(miwa100.jpg)



(salon22.jpg)




(sayuri55.gif)


デンマンさん。。。 どういうわけで軽井沢夫人@雲場池というタイトルにしたのですかァ~?



(kato3.gif)


小百合さんは雲場池が懐かしくありませんかァ~。。。


でも、軽井沢と言えば雲場池ですわァ~。。。 滋賀県と言えば琵琶湖で。。。 あまりにも当然過ぎて、とりわけ懐かしいとは思いませんわァ~。。。


そういうものですかねぇ~。。。?


デンマンさんは、それほど雲場池に思い入れがあるのですかァ~。。。


僕は小百合さんと一緒に雲場池のぐるりをロマンチックに巡ったことががあるのですよゥ。。。 うしししししし。。。


 



(kumoba83.jpg)



 



あらっ。。。 そのようなことがありましたァ~?



ほらっ。。。 小百合さんはすっかり忘れているのですよう。。。 紅葉がとても素敵ですわァ~!と言ったでしょう! 小百合さんは、まだ物忘れする年ではないですよう! んもおおおォ~。。。


つまり、私と雲場池のぐるりを散歩したのを思い出したので、記事のタイトルにしたのですか?


そう言いたいのですけれど、実は違うのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。



(liv80715a.png) 



『拡大する』


『雲場池の巡り会い』



こらはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で7月14日の午前10時49分から午後2時15分までの約3時間半の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。



あらっ。。。 7月14日の午前11時39分にGOOGLEで検索して『雲場池の巡り会い』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。


そうなのですよ。。。 実は、埼玉県さいたま市に住んでいる高田亀雄君が読んだのです。。。


また、IPアドレスを調べて、亀雄君が読んだと突き止めたのですか?


そうです。。。



(ip9117b.png) 



。。。で、生ログのリファラのリンクをクリックすると、どのような検索結果が出てくるのですか?



実は、亀雄君はGOOGLEで画像検索したのです。。。 その結果を見てください。。。



(gog80716a.png) 



『拡大する』


『実際のページ』



。。。で、赤丸で囲んだ Visit をクリックすると生ログのリファラのリンクをクリックすると、『雲場池の巡り会い』が表示されるのですか?



そういうことです。。。



(liv90115e.png) 



『拡大する』


『雲場池の巡り会い』



でも。。。、でも。。。、亀雄君は明らかに、私ではなく高田美和さんが演じる“軽井沢夫人”を探していたのですわァ~。。。



そうなのですよ。。。


 



(miwa212.jpg)



(miwa213.jpg) 


 



でもねぇ~、『雲場池の巡り会い』を読んで、軽井沢夫人が泊まった「ニューグランドロッジ」がどこにあったのか? どのような外見をしていたのか? それが分かったので亀雄君はスキップして喜んだのですよ。。。


 



(lodge23d.gif) 



(hotel22.jpg)



(lodge24.jpg)



(lodge25.jpg)



(lodge26.jpg)



(lodge27.jpg)



(smilejp.gif)


 



信じられませんわァ~。。。



それに、軽井沢タリアセン夫人の女子高2年生のときの写真が見られて感激したのですよ。。。




(coco015b.jpg)


小百合さんは1982年に製作された


日活ロマンポルノ『軽井沢夫人』


のことを知ってた?


当時、清純女優として知られていた高田美和さんが初めて脱いで大胆なセックスシーンを見せたので話題になった映画です。
美和さんは当時35歳でした。


1982年と言うと、小百合さんは17歳。
花も恥らう館林女子高の2年生!



(sayuri85.jpg)


中学生のときに『エマニエル夫人』を観て
感銘を受けた小百合さんでした。
『軽井沢夫人』と聞けば、小百合さんにとって聖地の軽井沢の夫人のことだから、無関心では居られなかったでしょうね?


実は、小百合さんが近いうちに“軽井沢夫人”になるので、僕はこの日活ロマンポルノを懐かしく思い出したのですよう。


なぜ、小百合さんが日活ロマンポルノ『軽井沢夫人』のことを知っているような気がしたのか?
なぜなら、次の小百合さんの“軽井沢夫人”についてのメールを読んだからです。



小百合物語は 終わるの?
それで、軽井沢物語が始まるの?


でも、 やっぱ 「軽井沢夫人」 ではタイトルが やらしーから
軽井沢日記 とか 紀行 とか?
他のタイトルにしたら?


小百合が 軽井沢で遊んでるのを だれも喜ばないし、
今まで覗いて くれた人達が ブログから 離れてしまうよー




『やらしい軽井沢夫人 (2008年7月7日)』より



信じられませんわァ~。。。



あのねぇ~、昔の人は「信じる者は救われる!」と言ったのですよ。。。 だから、小百合さんも素直に信じてルンルン気分で、今日一日を過ごしてねぇ~。。。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


by denman1720 | 2018-07-17 03:31 | 軽井沢タリアセン夫人 | Comments(0)

徒然に綴る面白いブログ


by denman1720